東松島に・・・10月3日金曜日
先週の金曜日・・・もう一週間が経ってしまいました。
バタバタとしている間に、一日が早いです。


さてさて・・・仙台空港には、くりまま、9時ちょっと過ぎに着いて
携帯の電源を入れたとたんに、多数のメール
「飛行機、不具合あり、ちょっとおくれます。」
「まだ飛びません。遅くなるから待ってて。」
「今、8時45分まだ、飛んでません」「着いたら電話して・・・」
結局、チャーミングさんとえみちゃんは、
小松空港→羽田経由の東京→仙台やまびこで来る事になり
くりままは、東松島に行くことになりました。


仙石線は、まだ全線開通していません。
一部路線はバス代行運搬しています。
矢本でいつも、お世話くださるSさんが途中の駅まで
迎えに来てくださって・・・・m(__)m
来年6月までに仙石線全線開通に向けて
急ピッチで修復作業が進められているのを見ながら
野蒜地区の大量の土砂搬出のベルトコンベアー
その現場に連れていってもらいました。
10トンのダンプカーで45ヶ月近くかかるところを、
3分の1の15カ月に短縮できるそうです。
(写真一番上がコンベアー)
コンベヤーの建設費用は70億円・・・
高齢化が進む被災者の方々に
「いつ住宅に住めるのかを、早く示す必要があった」と
東松島市の復興政策部参事さんのこんな言葉も・・・

a0115452_11104736.jpg


そして、「おのくん」 これは名前  苗字は「めんどくしぇ」
BORN IN 東松島
小野駅前 応急仮説住宅の集会所で生まれています。
作業をみせていただきました。
ひとつ、ひとつ丁寧に愛情こめて作られていることが 伝わってきます。
今、お願いすると半年待ちだけれど
東松島にくれば、即 里親に・・・・いろんな「おのくん」が待っててくれています。
a0115452_12155974.jpg

それからS薬局さんに!!
娘さんがステキな案内を描いてくださってディスプレーも。
「今年、応援絵手紙は?」と楽しみにしてくださっていたと
嬉しい話も聞かせていただきました。
また、タッチの差で、行き違いになってしましましたが
3美ぃず♪に会いたいと訪ねてきてくださった方も いらっしゃったんです。
a0115452_1284675.jpg

大曲浜地区の敬老会でお世話になったTさんにもお会いして
この一年で復興が少しづつ見えてきたと言ってらして
いろんなタイプの復興公営住宅が並ぶ地区にも 連れて行ってもらいました。
Tさんも後1年半くらいで、仮設から出られそうだと・・・

a0115452_1220791.jpg

こちらは、去年も案内していただいた大曲浜地区
去年と違うところは、土地の嵩上げ作業があっちこっちで進められています。
もう、住宅を建てることはできませんが、工場が建つそうです。
瓦礫の山は、去年と同じところにありましたが
その山で作業されてる様子もみえました。
2軒あった解体のされてないお家はまだそのままの状態。
a0115452_12134021.jpg

ホントに、短い滞在時間でしたが
東松島のみなさんの元気なお顔もみれたし
応援絵手紙も待っていてくださったようだし
復興の確かも目で見せていただいたしすごく、嬉しい時間となりました。
 
また、松島海岸駅まで送っていただいて 一路・・・仙台に・・・

Sさん☆お世話かけちゃって、本当にすみませんでした。m(__)m
お仕事、大丈夫でしたか?
Tさん☆ありがとうがざいました。
仮設のみなさんも、Tさんの笑顔に
どんなにか心強く思っていらっしゃるか!!お会いする度に実感しています。

a0115452_12274972.jpg

仙台駅で、チャーミングさんとえみちゃんと合流~~!!
何はともあれ・・・三人揃うことができて良かったです。(*^。^*)
そして、2年振りにムッチャンとの再会。
「ごきげんさん」は、「元気さん」や「明るくさん」も一緒に連れてきてくれるね。
そんないいお話も聞けて、美味しいお食事も頂いて
朝からのアクシデントも忘れて、ごきげんさんの会食会になりました。
m(__)m!!

チャーミング❤
えみこ♪
くりまま★



翌日は、宮城野地区仙台港背後地6号公園仮設住宅に伺います。

[PR]
by k-kurio0808 | 2014-10-10 11:14 | 絵手紙 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< あすと長町・・・10月4日午前中 帰りました。 >>